TANINO CRISCI(タニノ・クリスチ)研究所

イタリアの革製品のブランド タニノ・クリスチ(TANINO CRISCI)の靴の不思議な美しさについての研究です。間違いが多いので直しています。
サイトの案内はこちらです

ご案内

2011年02月22日

記事改訂の方針

これまでの理論展開の基礎はTANINO CRISCIの靴の形は歩き方に合わせてデザインされているという考え方でした しかしそれがどのような歩き方なのかはっきりしませんでした

しかも衣服の影響によってその理論は大きく左右されてしまいます どのような服装が適合するのかわからないという大きな問題を抱えていました

いろいろ検索しているとイタリアの本社のホームページが見つかりました よく見ると日本版とは形が違うことがわかりました
名称未設定 のコピー
アーチのラインが右足と左足とで違っていますがイタリアのものと日本のものとではその設定法に違いがあります ストラップの取り付け部分の形を比べるとわかりやすいと思います

歩き方に合わせて作ってあるという考え方ではこの違いが説明できません そこで新たな観点から実験をやり直しました

その結果タニノクリスチーの靴は大腰筋のバランスを考えて作られているということがわかりました

これまでの考えは全く間違えていましたのでどのように訂正するか考えると嫌になってしまいます

体系的な理論展開ができるほどの見識がないことがわかりましたので 気付いたことを順番に書いていくことにします


2010年12月12日

書き終えて気付いたこと

2011年2月25日 下記の訂正内容も間違っていますので無視してください。すいませんでした。

タニノクリスチーの靴についてブログにまとめることにより客観的に見直す機会になりました。読み返してみますとつじつまの合わない点も多いので訂正した記事及び調査中の項目を挙げておきます。

バランスを取り直して実験中です。
PA280002


●訂正した記事

1.特徴6 外側に傾いている について
外側とは限らない

2.非対称4 土踏まずのアーチの形状
 および 形の理由4 左と右の違い について
設定方法は他にもバリエーションがある

3.難しい点1 サイズ選びの錯覚 について
中底の形の調査法が不正確な点を考慮

4.サイズ選びの錯覚 追加 について
かかとが大きい問題で足を入れる履き口が大きいということを考慮していない

5.別ブログ 参考資料で歩き方の解説に間違いがあり改訂 それに伴い関連する様々な記事を訂正

●改訂すべき記事

1.非対称1 上から見た形 について
 改訂記事はこちらです
左右でつま先のずれ具合が違う点について自分のタニノクリスチー靴はすべて右の方がずれが大きいとしていますが左の方が大きいものもある

2.形の理由2 横から見た形 について
記事の半ばに かかとが上がっていることについての説明がありこの設定はタニノクリスチーの靴全てに適用されているわけではないので歩行動作とは別の目的のためだと考えるべき

3.形の理由4-2 左右の違いの続き について
左右の外傾角の違いのことを考えるに当たり角度の設定方法の違いを見落としていたので理由の説明も不十分
2と3についてはこちらでご説明しています

4.洋服選びの実験(別ブログ 資料室)
違うタイプの靴を同じものと勘違いしたので靴と服とのバランスの問題で混乱が起きている
こちらで検討中

上記1~4は 黒のストレートチップの靴についての問題です。その前に茶色の靴を2足履いた経験に基づく先入観のため間違った判断をしてしまったようです。

イタリアの靴は茶色が普通で黒はフォーマル用という習慣があるそうです。そのため茶と黒では靴の作りが違うみたいです。その上タニノクリスチーの本来のユーザーである人々のフォーマルシーンというとそれなりのたしなみが求められるでしょう。その目的に対応した立ち居振る舞いに合わせて靴も設計されていると思われます。

最近は イタリア人も普段着で黒い靴を履くようになってきたそうです。しかし私の靴は買ったのが7年前ですしシンプルなストレートチップなのでフォーマル用と考えて解釈すべきでしょう。そういった観点から考え直して実験中です。

5.形の理由4-3 左右の違いの続きの続き
歩行法の新発見により全面的に改定が必要
ニュートラルポジションの概念を完成させることにより基本原則をコンパクトにまとめたいです。


2010年11月21日

Part 4 難しい点

Part 3 の終わりでサイズ選びの錯覚についてお話しするといいましたが日本の靴と違った形のために起こる難しいことがいくつかあります。これまでにお話しした歩き方の違い以外の点です。それをまとめてみます。

難しい点
1.サイズ選びの錯覚
2.だんだんきつくなる不思議な現象
3.幅を出すともっと痛くなった
4.底の張り替え
5.洋服の選び方

だいたいこんなところでしょうか。では順番にご説明いたします。

5.洋服の選び方 はよくわからない点が多いので参考資料に移設しました。こちらです



2010年11月13日

Part 3 タニノクリスチーの形の理由

形の理由についてはこちらの改訂記事をご覧ください。


下記の記事は間違いでした。すいません。

Part 1,2 で確認しました日本の靴と違った特徴的な形の理由をご説明します。わかりやすくするため視点による4分類に整理して順番にお話しします。

4つの視点
1.前から見た形
2.横から見た形
3.上から見た形
4.左と右の違い

日本の靴との違いの原因は足の形自体の違いではなく歩き方の違いのためでもう少し詳しく言いますと歩くには左右の足に交互に体重を移動させる必要がありますがその方法の違いです。

体重移動の方法の違い
●日本的な歩き方は踏み出した前の脚に向かって後ろ側の脚ので蹴り出す
●タニノクリスチー的な歩き方は 後ろの脚で押し出しながら 体重移動を利用して踏み出した前側の脚で引き出す

といった差があります。

歩き方について詳しくはこちらの参考資料をご覧ください。

それでは歩き方の違いがどのように靴の形にあらわれているのかを見ていきます。

でもその前にそのように判断した根拠をまず述べておきたいと思います。


2010年11月11日

Part 2 左右対称でない

タニノクリスチーの形の「特徴 7.左右非対称」について次の4つの項目に分けてご説明いたします。
1. 中底の形
2. 前から見た形
3. 外傾の具合
4. 土踏まずのアーチの形状

左右というのは右足と左足がということです。これまでお話してきた特徴のそれぞれが右と左でさらにまた違っています。

「特徴7」 として形の特徴の一つとしてとらえていますが項目が多いので別のパートとして扱うことにしました。

日本の靴は対称に作るのが一般的ですのでそうでないものは慣れるまで大変です。というよりはなじめません。「特徴6」のところで少しお話した靴の改造はこの問題を解決するための試みですがダメでした。普通やらないと思いますが 万が一ということもありますので一言添えておきますと靴の改造は体に悪いのでやめましょう。


2010年11月07日

Part 1 タニノクリスチーの形の特徴

こちらの第2版の方がわかりやすいです

タニノクリスチー(TANINO CRISCI)の靴は外見的な美しさだけでなく関節痛の緩和や体質改善などの効果もあります。大変すばらしいのですがしかしその一方で履きにくさを感じることもありまブーツす。その原因は日本の靴と比べて以下のような違いのためであると考えられます。

(クリックすると移動します)
形の特徴
1. 甲が低い
2. つま先の上がり具合が少ない
3. 土踏まずのアーチのカーブが緩い
4. かかとが大きい
5. つま先が内側にずれているs-ストレートチップ
6. 外側に傾いている
7. 左右対称でない

これらが何とも言えない美しさを醸し出す要素にもなっています。ではその形に一体どんな意味があるのでしょうか?ということを考えてみました。そのことを理解すれば快適に履くことができるはずです。

まずはこれらの7つの特徴それぞれについて確認して行きます。

婦人物ですとヒールの高さに応じた形がいろいろあって比較が難しいです。そのため主に男物の靴を例にとって説明します。しかし同様の傾向がありますので女性の皆さんもぜひどうぞ。

私の靴は変形してしまっているのでカタログやWEBサイトより拝借した画像を利用します。そのためいろいろな靴が登場します。デザインの違いじゃないの?と思われると困るのですが一般的傾向として理解していただけると助かります。

ところでイタリア語で”TANINO CRISCI”は「タニノクリッシー」と発音するということを聞いたことがあります。でも日本での商標はタニノクリスチーと読むようにしたとのこと。

私はこのへんのことはよくわかりませんが語学に詳しい方は気になるかもしれませんので念のため。

追記
特徴7は項目が多いので”Part 2「左右非対称」カテゴリ”にしました



2010年11月02日

サブブログのご案内

本ブログである「TANINO CRISCI 研究所」は間違いが多いのでサブブログを設けました。

TANINO CRISCI 実験記録
新発見や新しいアイデアをメインブログの記事にまとめるための実験の記録です。
過去記事の問題点を再検証するための実験も行っています。
こちらからサブブログの『~実験記録』に移動します。

タニノ・クリスチ研究所資料室
本編の補足説明のための別ブログです。
また問題の多い記事を再検討するため保管してあります。
ここだけ見ても意味が分からないと思います。

twitter 9/18-2011 開設
『研究所』の新しい記事のご案内は http://twitter.com/tanisci/ でどうぞ。
・記事の内容のつながりで更新して記事の日付と投稿日が違うことがあります。
・過去記事への追記や訂正を行うことがあります。

つぶやき用アカウントはhttp://twitter.com/kam_tru/です。
・ほとんどサブブログの更新案内にしか使ってませんが…

Facebook ページ 『TANINO CRISCI shoes labo
・コレクション画像が中心です。


2010年11月01日

ブログの説明

【追記】2011年の秋から靴研究については訂正ばかりになってしまいました。読みにくいのでサブブログを設けました。


「TANINO CRISCI(タニノ・クリスチ)研究所」
トップページ
ご訪問ありがとうございます
●タニノ・クリスチーの靴の痛くない辛くない履き方を見つけるのが目的です
●評判の良さを実感できず悲しかったですがだんだんわかって来ました
●機能面中心でオシャレっぽい情報は一切ありません
●靴の研究は趣味で職業は別です
●漠然とした内容が多いですがご自由に解釈して頂ければと思います
●ご意見等ありましたらお気軽にどうぞ

9/24-2011追記
←サイドバーのカテゴリーを改良しました
↓もくじを作っても使いにくいので

【6/28-2011追記】
●改訂版のもくじ⇒こちらです
過去記事を訂正しているうちにわかりにくくなってしまったのでやり直すことにしました

【2/22-2011追記】
●第2版のもくじ
第1次研究の矛盾点を解明するため実験をやり直して新たな仮説を導き出しました 以前の記事の訂正も行います
ところがそれも間違っていることが多かったです
一応こちらです

【12/19-2010追記】
●第1次研究のもくじ
つじつまの合わない点や間違いが多いので全面改訂中です
変なのが多いですがこちらです

こんなカンジです。

ごゆっくりどうぞ。なにかありましたらお気軽にコメントしてください


トップページ



更新のご案内
こちらでどうぞ
日付を変えて投稿することがあるので更新状況をtweetしています
記事検索
月別アーカイブ
タニノ・クリスチって何?
こちらもどうぞ
わからない点を解明するため研究を継続中です

TANINO CRISCI
実験記録


livedoorプロフィ‐ル
Ameba プロフィール
更新のお知らせ
comments
  • ライブドアブログ