TANINO CRISCI(タニノ・クリスチ)研究所

イタリアの革製品のブランド タニノ・クリスチ(TANINO CRISCI)の靴の不思議な美しさについての研究です。間違いが多いので直しています。
サイトの案内はこちらです

姿勢

2011年08月21日

TANINO CRISCI的姿勢その2

【追記】姿勢についていろいろと実験をしていますが簡単には解決しそうもありません。経過については別ブログに記録しています。

●「~実験記録」【姿勢カテゴリー
 および【コンディショニングカテゴリー



先ほどの記事
での発見をもとに古い靴の調整を行いました。ところが全然よくなりません。中底のかかと部分が沈み過ぎているのでバランスが回復しないみたいです。

新しい靴と比べると一番違うのは立っている時の膝のくっつき具合です。古い方の靴ですとがに股になってしまいます。
gaikei
靴の中底のかかと部分が外側に傾いていることによって逆に脚がまっすぐになります。膝の後ろの筋肉が働いている感じがします。

以前の記事で後脛骨筋の働きとの関連を考えましたが別の問題のようです。

7fd6c281調べてみますとどうやら足底筋の作用のようです。名前とは違って膝の後ろにあります。

アキレス腱の内側につながっていて下腿部の内旋を起こすということです。膝がそろうのは内側にひねった結果と考えられます。

体の力を抜いてタニノ・クリスチーの靴のバランスに身をゆだねるとおしりに力が入ります。そして膝が伸びてかかとの内側で踏ん張るカンジになり足が内側に回転して膝がくっついてきます。

cccaaのコピーただしその姿勢を続けるのは大変ですし硬いカンジです。公式サイトの画像で足を前後にしたスタンスをとっていますがこんな風に片方ずつ休ませる方がいいですね。


以前履いていた靴のバランスがおかしくなってしまったのは両足をそろえた状態を続けたことも原因の一つのようです。ひざをピタッとそろえた姿勢を保てなくてだらしない形に合わせてしまったと考えられます。

大殿筋よい姿勢を保つために最も重要なのが大臀筋です。この筋肉が弱いのもよくなかったみたいです。タニノ・クリスチーを普通に履いていれば自然とバランスよく筋肉が働くと思います。しかし私の場合は意図的に加工して自分のコンディションに合わせてしまいました。靴による調整作用が機能しなくなり悪循環が起きてしまったのでした。

大臀筋を上手に鍛えるのは意外と難しいそうです。靴の設定で足腰の筋肉の機能を整えるというのはいい考えですね

腰のポジションを正しく保つことは大切です。いろいろな説明がありますが今一つよくわかりません。これは「骨盤」のバンという響きのせいで平たいもののようなイメージがわいてしまいます。

h20_2しかし実際にはこんなふうにボウルのような形です。漢字をよく見ると『皿』が入っていますね。ですから上から見ると輪になっています。そのため股関節のひねりのバランスで仙骨の角度が変わったりしてむずかしいです。

今後はこの点について重点的に研究したいと考えています。

私のブログではあまり解決になりませんので参考になるサイトをご紹介いたします。

腰痛・膝痛・肩痛の真実の中の【リハビリカテゴリー】にぴったりくる記事が見つかると思います。

2011年08月21日

TANINO CRISCI的姿勢

【追記】姿勢についていろいろと実験をしていますが簡単には解決しそうもありません。経過については「~実験記録」【姿勢カテゴリー】に記録しています。



1ページおいて先ほどの記事までの4ページで新たに購入した靴を観察して特徴をまとめてみました。以前の記事で型崩れした靴の修復を行ったことに触れましたがその時に考えたこととおおむね一致しています。TANINO CRISCIの靴は足のアーチをバランスよく支えるために人体の機能に即した綿密な設計がなされています。

P7280002gaikei
左が古い靴です 正確に把握できていなかったことは左右で傾きが違う点で本来は左足の方が角度が強いです。

zenkeiまたこのことは意識していませんでしたが前傾角が左右で違っていて左足の方が角度が強いです

そういえば…




aaのコピーccc
これはTANINO CRISCI公式サイトの画像です。(いろいろな画像に切り替わる)中底の設定はこの脚の角度と関係ありそうです。前から気にはなっていたけれど間違った履き癖のためよくわかりませんでした。癖のついていない新しい靴を履いてみるとなるほどこのような姿勢になります。左右の脚の前後関係でひざの曲がり具合が変わるのがポイントです。

なぜこうなのかはよくわかりませんがこの立ち方ですと以前から気になっていた骨盤の痛みがやわらぎます。骨盤の角度を最適に保つための設定のようです。

実際に履いてみた立ち姿は写真とは脚の角度が少し違います。イタリア版と日本版の違いがありますのでその影響でしょう。
日伊
ING-2
民族によって最適な骨盤の角度が違うのでそれに対応した設定のようです。資料画像に限りがあるため婦人物で考えましたが男物も同じ原理で作られていると思います。

歩き方とも関係があるようです。別ブログで研究中です。
2011年07月19日

タニノクリスチー的姿勢を探す

【追記】姿勢についていろいろと実験をしていますが簡単には解決しそうもありません。経過については「~実験記録」
姿勢カテゴリー】に記録しています。



8月21日追記
姿勢についての新しい記事 こちらもどうぞ。


姿勢をよくすると靴の痛みがやわらぐのでこの問題について考えてみました。足の裏の重量配分によって足の形が変化しますので重要です。
sisei4タニノクリスチー的姿勢があるのではとも思いましたがよくわかりませんでした。

とりあえずよい姿勢というと多分こういう状態だと思いますが理屈の上ではわかるのですがこの状態をいかにして保つのかが問題です。

いろいろ考えて思いついたのがよい姿勢に合わせて洋服を作るということでした。スーツをオーダーするときにそういった目的を話してフィッティングを行いました。

一応そういう服はできましたが実際に着てみると着心地が悪くて全然だめです。立体裁断で動きのない服はよくないという理論があるようですがその極端な状態ですね

あと実際の生活ではずっとまっすぐに立っているわけではありませんのでよい姿勢とは何かというのは難しい問題です

いろいろやってみてなんとなくわかってきたのは外見の問題ではなく骨と筋肉のバランスが良い状態ということでしょうね。

この問題については実験記録ブログで研究続行中です。

先日気付いたことをこちらの別ブログにも書いてあります。


2011年02月24日

大腰筋を意識する

【追記】姿勢についていろいろと実験をしていますが簡単には解決しそうもありません。経過については「~実験記録」【姿勢カテゴリー】に記録しています。



大腰筋 1前の記事でお話ししたようにTANINO CRISCIの靴には基本的に大腰筋を左右バランスよく働かせる機能があるのですが履く人間の方が偏ったバランスですと靴もだんだんと崩れてしまいます。そこで筋肉について意識する必要があります。しかし深層部にあるのでちょっと難しいです。

実は私は下記の新聞記事を見て今までのミスに気づきました。マラソン入門の記事ですがこの方法でタニノクリスチーを履くための姿勢を整えることができると思います。

洋服選びがうまく行かなかった問題も解決しました。日本版のタニノクリスチーは日本人の体のバランスに合わせて作られていますので体勢を整えれば日本の服で問題ないわけです。服の問題ではなく着方の問題でした。

スキャン1
赤い四角で囲った部分です。クリックして拡大してご覧になってもよいと思いますがこの部分だけ書き写しておきます。
『まず両腕を上げて伸びをし、片足を一歩前に出す。おへそを意識しながら左右に腕を下し、手のひらを上に向けて「パッ」と少し勢いよく言う。すると、「重心がおへそに落ちた、と感じます」。』

体幹を意識するということが大切です。靴の事なので足ばかり考えていましたがまちがいでした。

実は大腰筋なのかは正確にはわかりません。でもこの方法で腰の骨がいいカンジに伸びていろいろと問題が解決したのでたぶんそうだと思います。

この記事はランニングのフォームですので『かかとから入り拇指球で着地』とありますがその辺が少し違っている点もあります。まずは早急に一通り訂正をしたいので詳しくはまたいずれご説明したいと思います

7月7日 こちらの別ブログで再検証中です。

2011年11月2日追記
姿勢を保つのに重要なのは大殿筋などです。この記事では大腰筋の機能と考えていますが間違いでした。
『腰痛・膝痛・肩痛の真実』のブログを参考に再検証中です。
こちらです


更新のご案内
こちらでどうぞ
日付を変えて投稿することがあるので更新状況をtweetしています
記事検索
月別アーカイブ
タニノ・クリスチって何?
こちらもどうぞ
わからない点を解明するため研究を継続中です

TANINO CRISCI
実験記録


livedoorプロフィ‐ル
Ameba プロフィール
更新のお知らせ
comments
  • ライブドアブログ