TANINO CRISCI(タニノ・クリスチ)研究所

イタリアの革製品のブランド タニノ・クリスチ(TANINO CRISCI)の靴の不思議な美しさについての研究です。間違いが多いので直しています。
サイトの案内はこちらです

訂正記事

2011年08月21日

TANINO CRISCIの特徴~外傾

TANINO CRISCIの靴の形については別ブログの「TANINO CRISCI実験記録」で研究を続行中です。


gaikeiこのことは以前からよく取り上げていますが今回はもう少し詳しく調べてみました。

中底が外側に傾いていて左足の方が角度が強いです。この設定に対応して甲革や本底の形も左右で微妙に違っているようです。



また下の写真のように場所によって傾きが変化して行きます。
sgaikei
左足は全体的に同じような傾きですが右足の方は前に行くにつれて外傾が少なくなります。逆さになるとわかりにくいですね。内側の親指側はせりあがっていて小指側が接地しているということです。

gaikeifこういったことに対応して甲革の形も左右で違っています。

柔らかい履き心地を重視して革を釣り込むときに引っ張りすぎないようにしているのでしょう。甲の立ち上がり部分に微妙なしわが出て左右の木型の違いが表れています。

他にもいろいろな部分に前後左右の角度の違いが表れていると思います。こういったラインに慣れていないと違和感や痛みを感じます。

これは甲革と足の関係というよりは底面と足の関係の問題です。ですから靴の中で足を左右に揺らすというか転がすというかそんな感じで横方向に動かすと足の裏と中底の起伏がなじんでうまく足が落ち着く場所が見つかります。

この時にかかと幅のゆとりが必要になるのです。日本的なかかとをぴったり合わせるという感覚とは違いますので気を付けてください。

タニノ・クリスチーのアーチの設定は人体の構造に即した合理的な形です。足のアーチの構造を知ることによって靴に対する違和感もなくなると思います。この点については別ブログで研究中です。


2011年08月21日

TANINO CRISCIの特徴~本底

soleこれまでは古い靴を材料にしていましたので底面の事はわかりませんでした。

新しい靴の本底を見るといろいろと微妙な設定がしてあって驚かされます。

【特徴】
1.土踏まずのカーブの曲がり具合が左足の方が強い
2.ヒールの前端のカーブが右足の方が深い
3.ヒールの大きさが違う
4.ヒールのゴムの切り替えの角度が違う
5.中心線が違う つま先とかかとの内側への曲がり具合のバランスの問題のようだ
P8250003-26.ヒールがくぼんでいる
横方向だけではなく縦方向も 接地面が皿状の凹面になっています


これはすごい いろいろと理由があるのでしょうがよくわかりません

1~5についてはなんとなく右足の方が外傾が強いことと関係あるような…これについては別のページで観察します。

実験を続けて機能面について解明したいです。


2011年08月21日

TANINO CRISCIの特徴~上から

ue【訂正】
以前の観察では中心線が内側に曲がっているとしました。しかしこのようにまっすぐの靴もありました。目的に応じて設定するようです。
この点については別ブログで研究中です

【特徴】
右足と左足とで形が違います。左足が外側に傾いているためです。上から見た形の違いではありますが実際には垂直方向の設定の問題です。足の形についても同様に垂直方向の力のかかり具合を考慮する必要があると思います。別のページで改めて観察します。

履き口の大きさが右の方が大きいです。なぜでしょうか?
gaikei
左の方が傾きが強いですがこの傾きを足に正確に伝えるために左の方をタイトにしてあるのかもしれません

かってな想像ですが

履き慣らしながら考えたいと思います。


2011年08月21日

TANINO CRISCI の特徴~横から

los【訂正】
●以前の観察では指の部分が薄いと思いましたがこのようにそうではない靴もありました。靴の用途に応じて決められるようです。
【特徴】
1.つま先の上がり具合が少ない
2.アーチのラインが滑らか
3.かかとの丸め方
4.右足と左足の前傾角

1.について
タニノ・クリスチーは甲が低いように感じる場合もあるようです。それはつま先が上がっていないためではないでしょうか。私は甲高の方ですが特にきつくは感じません。足の動きと靴の形の問題だと思います。

2.について
アーチのラインが滑らかです。ヒールの部分にも微妙な曲線が。lr
その上さらに右足と左足とでラインが違っています。写真ではわかりにくいですが…
ヒールを作るのに手間がかかると思います。

外側と内側とでもラインが違います。横方向のアーチの事も考えてあるみたいです。足のアーチの構造に即した絶妙な設計です。

左右の違いは外側への傾きの設定の違いのためだと思います。これについては別のページで観察します。

3.について
かかとの下の方がふくらんでいます。
b中底のかかと幅が広めなのでそれに合わせてあるためでしょう。横方向のふくらんだ面のつながりで後ろにもふくらみます。

歩く時などの足の動きのためのゆとりを持たせてあると考えられます。

4.について
zenkeiこのように右足と左足とで前傾の強さが違います。ヒールの高さは同じなので中底のセッティングの違いです。

単純な角度の違いではなく先ほど確認したアーチのラインの違いの結果として前傾の強さも違っているようです。




2011年08月21日

ソール交換

イタリヤーノの店長さんはTANINO CRISCIについていろいろ教えてくれました。以前底の張り替えについての記事を書いたことがありましたがちょっと違っていたので訂正します。

以前は修理の時に元の形を無視して形を勝手に変えてしまうので履きにくくなると感じていました。しかしよく考えるとソールを張り替えるまで履きこむと形がかなり変わってきます。必然的に履き癖に合わせた処置をすることになるでしょう。

ソール交換で履きにくくなってしまうのは中底の元の縫い目に同じように縫い付けることができないためだそうです。イタリヤーノで頼んでいる修理屋さんは大変な名人で実に見事に仕上がるそうです。TANINO CRISCIは修理を重ねながら長く履いてこそ良さがわかる靴ですので腕のいい職人さんを探したそうです。靴を買った人へのサービスの意味もあるので修理については儲けなしでやっているそうです。

そういう方針ですのでよそで買ったものについては頼めないでしょうねたぶん…大阪の職人さんでどこかのデパートでも受け付けていると聞いたような違っていたような。よく覚えていないので今度確認したいと思います。料金は2万円以上でした。

マッケイ製法は構造的に底を張り替えるようにはできていないのでは?とも思っていましたが技術があれば問題なく仕上がるそうです。

2011年08月21日

お店で形を観察

これまでは記事を書くにあたって自分の靴とカタログやネット上の写真画像をもとに靴の形について考えてきました。しかしそれだけでは判断できない問題も多いためお店で現物を見て観察させてもらうことにしました。

残念ながら棚に並んでいる商品を見るだけでは詳しくはわかりませんでした。かといっていじくりまわすわけにもいきません。また思ったよりもいろいろな形のものがあってよくわからなくなってしまいました。

発展的な発見はありませんでした。しかしTANINO CRISCI の特徴としてこのブログで取り上げた形について私の考え違いだった点に気付きました。

この前の記事でも書きましたがTANINO CRISCI のポイントは靴の外側への傾きであり中心線の設定もその影響を受けていると考えてきました。
P7280003のコピー-3P7280002











この点に注目して靴を観察しました。わかったことは
1.中心線をずらした靴は売っていなかった(男物)
2.婦人靴には少しあった
3.かかとの傾きの設定法はいろいろある
4.中心線とかかとの外傾に直接の因果関係はなさそうだ 

P3090001-2全ての靴に共通しているのは前の方はこのように外側に傾いている点です。足を外側に傾ける動きに対応していることは正しそうです ところがほかの部分のセッティングは靴によって様々です。

taninocrisci-773t-bl-01このような靴もありました。
●店長さんのデザイン画をもとに社長さん自ら製造にあたったイタリヤーノオリジナルシューズ(限定品)

社長の自筆サイン入りです。一般のモデルでも店の注文に応じた木型で作るそうです。

私の考えていた設計理論では説明できない形の靴も多くありました。多品種少量の受注生産体制で作られていて想像をはるかに超えるバリエーションが存在すると思われます。

このことから足を外に傾ける現象と靴の機能の問題については何か見落としていることがあることがわかりました。お詫びして訂正いたします。今後の研究テーマとして取り組んでいきます。

上記の靴について新発見がありました。仮説の段階なので別ブログの実験記録に記事を書きました。
こちらです


2011年07月10日

第2版の訂正 左右非対称

この記事は疑問が残りますのでTANINO CRISCIの靴の形について別ブログの「TANINO CRISCI実験記録」で研究を続行中です。



こちらの記事についての訂正です。

s-中心線3
タニノクリスチーの靴が右足と左足とで中心線のライン取りが違う点についてです。

official-site
これはタニノクリスチーのオフィシャルサイトにある画像です。なぜこういうポーズなのか?このことと関係ありそうです。

筋力のバランスの問題かもしれないと思い足腰のトレーニングを行いましたが骨盤に痛みが出てうまく行きませんでした。やはり日本人には合わないのだろうかと半ばあきらめ気分で日本の伝統的な要素を見直すことにしました。ナンバ歩きや四股を中心にトレーニングしたところ体調がよくなって来ました。

そしてふと気づくと上の写真のような立ち方になっていました。筋力のバランスが良い状態になると足の動きは左右で違ってくるのかもしれません。それで体重をかける足がどちらかによってこのような変化があるのでしょう。

足の動きが左右で違うので靴の形もそれに合わせてある。このことがタニノクリスチーの履き心地の良さの理由の一つとなっているようです。でもなぜ足の動きが違ってくるのでしょうか。よくわからないけれど想像してみました

davinci_vman
人間の体はこのように本来左右の脚の向きが違っていると考えられます。しかしこれでは歩きにくいので足の動きを調整して同じ向きに揃えています。


k30main-3
脚の向きが違う理由は左足に向かう静脈が圧迫されないようにする姿勢をとるためではないでしょうか。

いろいろと実験してみてなんとなくこんなふうに感じましたがよくわからない点が多いです。



実際には一般的な左右対称の靴から履きかえても違和感は感じませんし自然に体が適応します。主題はタニノクリスチーを履くにあたっての難しい点についてなのでこの問題は無視してもいいかなとも思いました。

しかし靴を履くということを考えるにあたって重要な何かを含んでいるように思えますのでテーマの一つとして取り組んでいます。

別ブログの実験記録で研究続行中です。

2011年07月09日

第2版の訂正 外傾

この記事は疑問が残りますのでTANINO CRISCIの靴の形について別ブログの「TANINO CRISCI実験記録」で研究を続行中です。



2011年7月29日追記
(リンク)別ブログで実験を続けるに従いこの記事は辻褄が合わなくなって来ました 足の構造を調べてみるとこのようなことがわかりました。こちらのサイトを参考にしました⇒http://www.hhk.jp/gakujyutsu-kenkyu/ika/100827-163826.php
rinsyoigaku_1622-2君の彼女または彼に立ってもらって、踵を後ろから観察しよう(図5)。アキレス腱は踵骨(正常では5度外反)に付着するが、爪先立ちになってもらうと踵骨は内側に傾く(内反する)。内反しない場合は、PTTD(後脛骨筋不全)を疑う。』

こういった生理的な動きに合わせてあると考えられます。 



7月29日 この問題についての記事を追加しました

こちらへどうぞ




↓この記事は間違いでした すいません
タニノクリスチーの靴が外側に傾いている理由についてです。この記事に関する訂正です。

別ブログの二軸歩行のページでも書きましたが足を外側に傾けることにより股関節の回転を円滑に行うためです。この動作によって先ほどの記事のつま先で蹴るタイミングが変化するわけです。

足の外側のアーチにかかる荷重が増えるので横から見た靴の形もそれに合わせたラインになっています。

TRACY
外側への傾きは上から見るとこのような内側に曲がったラインとなって表れます

足が傾くことによって足のアーチのラインが靴の内側に反映されるためです
27





常に傾いているわけではなく歩行動作に伴って一時的に表れるのでかかとの内側のゆとりとして設けられています

o0405033011329835270
これはタニノクリスチーです。




0b4edc42普通はこんな感じのが多いと思いますがかかとの内側の幅の余裕の取り方が違うのがわかると思います。




TRACY-2
たいていは赤い線の上に載っています 股関節の旋回によって反対側の足への体重移動をおこす時は足が外側に傾くので青い線の上に移動するわけです

そのために幅に余裕を持たせてあります

この動作ですと腰を回転させないので腰に負担がかからないです

あと私は男なのでハイヒールを履いた時のことは想像の域を出ませんが 股関節を外に回転して小指の方に力をかける方が力強く体を支えられるし脚の線もきれいに見えるような気がします 親指にかかる負荷も減るので外反母趾にも良いのではないでしょうか

2011年07月09日

第2版の訂正 横から見た形

この記事は疑問が残りますのでTANINO CRISCIの靴の形について別ブログの「TANINO CRISCI実験記録」で研究を続行中です。



編集方針を変えたのですが以前の記事の間違いが気になるので訂正します。間違っていたのはこの記事です。全て行うのは無理なので第2版以降を確認して行きます。新たにわかったことを実験記録ブログに書きましたがそれをもとに行います。

226px-Red_High_Heel_Pumps一般的な靴はこんな感じですが…




09HETAN-2タニノクリスチーはこんな感じです。難しいですがカメラアングルの問題を差し引いて考えてみますと


違っている点は
1.つま先の上がり具合
2.指の部分の厚さ(甲の高さ)
3.アーチの丸め具合

1と2については歩くとき左右の足への体重移動のタイミングのためと考えられます。

歩行1これは一般的な靴の場合です。前の脚に十分に体重が移っていませんがすでに後足が上がり始めています。

というよりは後側の足の指で体を前進させる動作と体重移動の動作を一緒に行っているというカンジです。

前の足のかかとで後ろ側の足の推進力を受け止めながら体重移動しています。

足の指の運動量が多く指を反らせて後ろに蹴るので靴もそれに合わせた形になっています。




歩行2
一方これはタニノクリスチーの場合です。

両足に均等に体重がかかった後で後ろ足のかかとが上がります。推進力の動作が終わってから最終的な体重移動が行われます。

足の指で押し出すというよりはちょっとかかとを上げてきっかけづくりをする感じです。

指の動きは少なく足の裏全体で体を支えているので靴も薄い形になります。


ちょっとわかりにくいのですね。靴の特徴を部分的にとらえながらこういうふうに説明するとうまく行かないのです。そのために方針を変更したのですがなかなかいい方法が思いつかなくて

2011年06月28日

第2版の訂正記事のご案内

クリックすると移動します
1.第2版の訂正 横から見た形
2.第2版の訂正 外傾および上から見た形
3.第2版の訂正 左右非対称

更新のご案内
こちらでどうぞ
日付を変えて投稿することがあるので更新状況をtweetしています
記事検索
月別アーカイブ
タニノ・クリスチって何?
こちらもどうぞ
わからない点を解明するため研究を継続中です

TANINO CRISCI
実験記録


livedoorプロフィ‐ル
Ameba プロフィール
更新のお知らせ
comments
  • ライブドアブログ