TANINO CRISCI(タニノ・クリスチ)研究所

イタリアの革製品のブランド タニノ・クリスチ(TANINO CRISCI)の靴の不思議な美しさについての研究です。間違いが多いので直しています。
サイトの案内はこちらです

失敗に学ぶ

2011年08月21日

履いていると伸びるけれど…

d&a以前の記事で小さい靴を履きならして伸ばすのは無理だということを書きました。

奥の方のは古い靴で少し小さかったです。独自の方法で改造し何とか履けるようにはなっていますが苦しい思いをしました

甲の立ち上がりの部分がのびて手前の靴と同じようなラインになっています。こちらは新しく買ったもので一つ上のサイズです。

8719e8c7古い方の靴はカタログによるとこのような形です。

甲の部分はそれなりにのびるみたいです。最初からゆるいとだんだん履きにくくなってしまうでしょうか。その場合は引っ張られないので延びないでしょうかね。というよりも緩いと足が前にずれて当たってしまうということを聞いたことがあります。

程よいサポートは必要です。かといって小さすぎるのも問題です。甲がのびても中底の大きさは変わりません。長さや幅が足りないのはそのままです。サイズを選ぶときにどこを基準にどんな感覚で判断すればいいかは難しいところです。

私の場合はのびてなじんだというよりは型崩れしたという状態です。合って来るまでかなりつらかったしサイズが小さかったといえるでしょう。でも試着の時にはよくわかりませんでした。フィットしているのか小さいのか?の判断は難しいです。

今回はどうやって選んだかというと前と同じサイズの靴は小さすぎて足が入りませんでした。その一つ上ですと履くことができました。さらにその上でもいいみたいな気がしましたが歩くと脱げそうになるので大きいとわかりました。

古い靴がのびた話に戻りますがかかとも意外と伸びています。かかとの芯が柔らかいしゆとりを持たせた作りなので後方に拡がるのでしょう。他のメーカーの靴にはあまり見られないことです。

ただしこの部分がのびるほど押さえつけるような履き方ですと前後のバランスが取りにくくて体が釣り合わなくなってしまいます。つじつまを合わせようとしてどういうわけか足の内側が下がって小指側が持ち上がります。すると小指が当たって痛いわけです。

サイズが小さくて当たるというよりは足の指が靴に向かって当たっていくので困りものです。上方向に当たるので幅を出して合わせるのも難しいです。痛かったですが我慢しているうちにのびて何とか収まるようになりました。

これまで数々の失敗で苦しんだことを思い出すと嫌になります。サイズを選ぶためのわかりやすくて簡単な方法はないものかと考えていますが難しいですね なんとかならないかなあ

今回のように頼りになるお店を探すのが一番でしょうね

新しい靴の履き慣らしの様子を別ブログに記録しています。
こちらです

2011年08月21日

たどり着くまでが一苦労

P72500567月29日の記事で失敗だったABCマート靴の調整をやり直し一応バランスはよくなりました。中敷きの調整パッチがこのように大雑把だったのをもっと細かく積み上げ微妙な修正を行いました。TANINO CRISCIを買いに行くにあたってこの靴のテストもしてみようと考えました。

フォーマル用を探すので薄い絹の靴下を履きました。すると左のくるぶしが出っ張っている私なので当たってきました。これは誤算でした。左右の角度や高さもよくないみたいで不自然な回転が起こっているのも原因のようです。土砂降りで靴下が湿ってきているのでよけいに厳しいです。

駅のホームのベンチで中敷きを外して調整用のパーツを入れ替えて修正しました。出先なので新たに作成することはできません。ところが右足から取り除いたものを左足に追加することによって非常にうまくバランスが取れました。足の皮がむけるのは避けられそうです。

やはり足というのは左右が連動しながらバランスするのですね。足も手と同じで右と左は性質が違います。したがって右と左で形を変えないとうまく連携が取れないわけです。
P8220009P8220008





左の中底をだいぶ高くしました。こうすると具合がよいです。くるぶし対策だけでなく脚部全体の動きが滑らかになります。ヒールの調整がくるっているのでそれもカバーできたみたいです(追記:その後再調整しました 左が少し低くなりました)

P8210007今回買ったタニノ・クリスチーはこんな後姿です。やはり左の方が高くなっているのですね。何とも意味ありげで微妙なラインが魅力的です


購入に当たり試着したとたんに滞っていた血液が流れだすのを感じました。新品でもすごく柔らかいので少し傷ついているくるぶしでも痛くありません。履きならすとふわふわになります
gaikei
新しい靴をよく観察してみますとこのように左足の方が外傾角が強いです。




zenkeiまた前傾も左が強いです。

靴の改造の時に横方向の角度の事は考えていたけれどこのことは意識していませんでした。

これも失敗の原因でしょう。ただわかっていたとしても細工は難しいです。試行錯誤になるのは同じだったでしょう。

原形を保っている今のうちに全方位について詳しく観察しておこうと考えています。でもなかなか難しくて… 早く履きたーい

2011年08月05日

カラダにいいねTANINO CRISCI

dd何でそんなにしてまで履かなきゃいけないの

タニノクリスチーの履き方がよくわからず問題もありましたがなんだかわからないけどいいんです。理屈抜きにカッコイイとか履き心地がよいとかそれだけではないです。研究の結果理由がわかってきたのでまとめてみます

●足の裏全体で体重を支えるアーチのライン
 1.体が安定する
 2.足の変形を防ぐ
 3.おしりや太腿の筋肉を使いやすくする

●太腿のひねりを生かした足の動きを発生させる
 1.すねの筋肉がバランスよく働く
 2.足の血行が良くなる
 3.骨盤の角度がよくなる

●骨盤の角度がよくなると
 1.腰痛の予防
 2.横隔膜の動きがよくなる

●横隔膜の活性化
 1.呼吸が楽になる
 2.消化器を押すことによって血液を押し上げる
 3.特に肝臓によいような気がする

他にもいろいろあると思いますが足だけでなく全身の健康につながるので履きたくなるのです

オシャレのためではなくタニノクリスチーがなければ生きていけないという方もいらっしゃるそうです。大げさではなく大変理にかなったタニノクリスチーの靴の特徴を的確に表現している言葉だと思います


2011年07月27日

中心線がわからない

55205e0b-sタニノ・クリスチーをお手本に形を真似して靴を作ってみようとした時の話です。初心者ですので既成の木型を利用して修正を加える方法です。しかし形が全然違いますので修正の範囲を超えています。木型の設計法を知らずに大きな修正を加えるのはかなり無理があります。

1c7453c6-s足と木型と靴の形の関係がわからないのでどこをどうすればよいのか見当が付きません。タニノ・クリスチーの特徴として中心線がつま先の外側にのびているように見えました。靴の様子を見て木型に反映させていったのですが不自然にひねくれた形になってしまったような…



木型はまあなんとかでき上がったので次は甲革の型紙作りです。中心線を基準にデザイン用のテープを貼って半分の型を取ります。それを写してから左右をひっくり返してまた写すと片足分の型紙になります。ところが私の木型は左右のラインが違い過ぎて基準になる中心線を引くことができません。

いろいろ工夫してようやく型紙を取ることができました。それで一応仮靴もできたのですがすごく履きにくいです。履いた時に形が変わってしまうのです。足型に合わせてデザインしたはずなのに不思議です

P9120023-2履きにくい部分に修正を加えて行くと中心線が見えてきました。靴の製造上の都合ではなく足にとっての必要性で設定されるみたいです。靴の形は起伏に富んで複雑な曲面を描いていますのでそれぞれの部分にかかる力がまちまちです。足が入ると靴に力が加わりますがその力がうまく釣り合うようにしないと履きにくいです。その辺の事と関係あるようです。

TANINO CRISCIの靴をよく観察すると底面の中心線と甲革の中心線が違っていてしかも右足と左足とで全体の形が違います。どうすればいいのか見当もつきません。考えてもわからないので仮靴を作っては木型修正を繰り返しました。

今では知識が増えたので改めて見ると変なところがたくさん目につきますがこの時はもう限界でした。材料の加工だけでも大変ですけど形がどうなのか判断するのがすごく疲れるのです。めまいがして頭が痛くなって来ます

普段から物をしっかりよく見る習慣をつけるように心がけることにしました。それで気付いたのですが水平な線が傾いて見えるのです。しかし急には改善せず能力の限界を感じました。最終的に靴の形にはなりましたがまともに履けたもんじゃありません

このことは姿勢と関係があるようです。参考記事はこちらです

タニノ・クリスチーの靴はいろいろとすごいですがまず木型の設計がものすごいのだろうなあと思います。そしてその形に仕上げるための型紙の作り方もすごいと思います。イギリスの会社のように同じような靴ばっかり作っていれば楽でしょう。ところがタニノ・クリスチーは靴ごとにきれいに見える木型を作るので大変でしょうね。

完成度が高いと思われるモデルもあっさりとやめてしまって常に新しいものを作り続けています。履き心地を追求するためにはそういう作業が必要なのでしょうか?それともイタリアの本店に行くと古いのもあるのかなあ?

2011年07月20日

外傾をキャンセル

この記事は疑問が残りますのでTANINO CRISCIの靴の形について別ブログの「TANINO CRISCI実験記録」で研究を続行中です。



P7280002自分の足に問題があると気付かなかったころはTANINO CRISCIの靴に批判的な感情を持つこともありました。その中の一つとして気になったのが中底が外側に傾いている点です。






よく見るとかかとの内側がせりあがっていてその辺に圧迫感を感じるので削り取ってしまいました。
P7290005
色が白っぽい部分です あとで失敗だったと気付いて修正用パッチを当てました。




P7290001のコピー

傾いているというよりはこの赤い線のようなカンジであることがわかってきました。

足を載せる場所によって傾斜が違っているわけです これはかかとの幅が広いこととも関連しています。




比較-2この赤い部分がせりあがっています ここは足が動いて横にずれた時のためのゆとりを持たせた部分です。

普段は平らなところに足が乗っているけれど横にずれると傾くという動きに合わせてあるようです。

そしてこのことが内側に曲がった中心線となって表れています。中心線のまっすぐな普通の靴の中敷きを加工して傾きを付けてもタニノクリスチーのような運動性能は出てきませんでした。

もう一つの大きな違いはつま先の上がり具合でそのことも合わせて考えると後ろ側の足をけるタイミングと関係しているようです。この問題については7月9日の記事で触れています。

かかとの骨の特性として下図のような現象が起こります。
http://www.hhk.jp/gakujyutsu-kenkyu/ika/100827-163826.php
rinsyoigaku_1622-2
TANINO CRISCI的な歩き方ですとつま先に体重がかかった時でもかかとの接地性が保たれて足の裏全体で体を押し出します。そのためにはかかとの内反に対応できるような形が必要になります。

これが中底の内側がせりあがっている理由の一つであると考えられます。またこの状態は一時的に起こるものなのでその時のためにかかとの幅を広くして余裕を持たせてあるのでしょう。

私の場合は足のアーチのバランスが悪かったので内側の傾いた部分に足が乗っている時間が長くなってしまいました。またサイズも小さくてゆとりがありませんでした。そのためこの機能が正常に働かなかったと思われます。

外傾についての以前の記事とも関連がありますので合わせてご覧くださるとわかりやすいと思います。はっきりしない点も残りますので研究を続けたいと思います。

【追記】この点について新たな発見がありましたので記事を追加しました。
こちらへどうぞ


2011年07月19日

強制的履き慣らし法?

現在研究しているように靴の形について考えるという発想がなかった頃のことです。TANINO CRISCI購入にあたって試着の時には問題ないのに履いているうちに合わなくなってくる現象に苦しみ結局はあきらめることにしました

とりあえず壊れるまで履いちゃえということで完全な普段使いとして作業靴のような使い方もしました。ウイングチップなのでカジュアルな服装にも合いますし使いやすかったです。

家の修理が好きなので大工仕事をするときも履きましたが意外と実用的でした。特に脚立に乗った時の安定感が抜群で作業がはかどりました。壊れるまでと思っていましたがその前に足になじんできました

すり減った底の修理もしなかったのですがそのために足の裏の起伏に合ってきたみたいです。そこで別の靴には靴底を削って足に合わせて加工するという処置を施してみました。割とうまく行ったと思ったのですが靴の構造がよくわからなかったため甲革の縫い代も削り取ってしまい口が開いてしまいました。

この方法でけっこう履きやすくなりました。そこでTANINO CRISCIを新たにもう1足購入して壊れないように加工する方法を考えて実行してみたのですが全然ダメでした。いろいろと工夫して調整しているうちに結局壊れてしまいました。でもそれほどひどくないので貼り付けて使うことはできましたが…

他のメーカーのものにも同様の加工を施してみました。しかし形の変化に対する対応能力が低いのでうまく行きませんでした。TANINO CRISCIの優れた特性を知った出来事でした。

そんな時知り合いの人からオーダーシューズの店を紹介され相談に行ってみました。するとその会社では靴作り教室を開催していて受講することをすすめられました。私の場合は自分で靴を加工して調整したり修理したりしていたのでその方がよさそうだと思われたみたいです。

時間の余裕がなくて見合わせていましたが経営していた店を廃業したので通うことにしました。結局はうまくできませんでしたが得るものも大きかったです。TANINO CRISCIの機能を解明する流れに乗るきっかけにもなりました

また靴の悩みの最大の原因がサイズが合っていないという非常に単純なことだとわかりました。単純ではありますが意外と難しいです。この点については研究続行中です

2011年07月19日

TANINO CRISCI的歩き方の練習

ある日歩き方がよくないので足に負担がかかっているように感じたので考えてみました。発見した方法はカン違いだったのですが何かのきっかけにはなったみたいです

salvatore-ferragamoテレビの世界遺産番組などでイタリアの風景が映った時イタリアの人の歩く姿はかっこいいなあと感心します。

こんな感じで歩くとタニノクリスチーも上手に履きこなせそうです。





20100126_1413649靴の革底はつるつるですべすべです


ヒールは半分位ゴムになっています。そうだここに体重をかけて歩けばよいのだ(これはカン違いでほんとは着地の衝撃をやわらげるためでしょう)

形としてもつま先が上がっていないということは足をあおってつま先で蹴り出すようにはできていないと思います。これはちょっ55be19fbと別の話ですがハイヒールの場合は履いた段階であおった形になりますのでそこからさらにつま先で蹴るのは無理でしょうし



【参考】02http://www.ethosclub.com/rep/04/0405/index.html

一般的には足の裏をこのようなラインに沿って体重が移動するそうです。しかしタニノクリスチーは前の方はつるつるですのでこういうのは難しいです。

前の方に体重がかかってきたときに滑りますのでまっすぐ抜けてしまうと思います。

そこで思いついたのが前に出した脚のかかとで体を引っ張り出すように歩くことでした。しかもそうすると指や甲に力がかからないので痛くないです。不自然な動作なのでうまくできないため階段を2段飛ばして上るというトレーニングを考えて鍛えました。

ところがズボンの角度が合わないという問題が起こりました。自分で縫い直して調節しましたがめんどくさいです。さらにはしばらくすると骨盤が痛くなってきました

その時は気付かなかったのですが最近になって骨盤の前傾角度がよくないことがわかりました。この運動のせいで悪くなったのかとも思いましたがもともと骨盤の角度はよくなかったのでこのようなへんな動作ができると考える方が理に適っています。

一方このような極端な動作を習慣づけたことによっておしりの筋肉を鍛えることができて運動機能改善のきっかけになったともいえます。歩き方としては間違いですが一つのステップにはなったみたいです。

現段階でわかったことは足腰の筋力のバランスを整えることで足の裏の体重移動は最小限であっても自然に重心の移動が起こることがわかりました。そういった動作に合うようにタニノクリスチーの形はできているようです。また足の裏は回転の支点となるので滑る方が都合がよいみたいです。


タニノクリスチーを上手に履きこなすための歩き方については
別ブログで研究を続行中です


8月21日追記
歩き方について新しい発見がありましたので記事を追加しました。
こちらから移動します

2011年07月19日

タニノクリスチー的姿勢を探す

【追記】姿勢についていろいろと実験をしていますが簡単には解決しそうもありません。経過については「~実験記録」
姿勢カテゴリー】に記録しています。



8月21日追記
姿勢についての新しい記事 こちらもどうぞ。


姿勢をよくすると靴の痛みがやわらぐのでこの問題について考えてみました。足の裏の重量配分によって足の形が変化しますので重要です。
sisei4タニノクリスチー的姿勢があるのではとも思いましたがよくわかりませんでした。

とりあえずよい姿勢というと多分こういう状態だと思いますが理屈の上ではわかるのですがこの状態をいかにして保つのかが問題です。

いろいろ考えて思いついたのがよい姿勢に合わせて洋服を作るということでした。スーツをオーダーするときにそういった目的を話してフィッティングを行いました。

一応そういう服はできましたが実際に着てみると着心地が悪くて全然だめです。立体裁断で動きのない服はよくないという理論があるようですがその極端な状態ですね

あと実際の生活ではずっとまっすぐに立っているわけではありませんのでよい姿勢とは何かというのは難しい問題です

いろいろやってみてなんとなくわかってきたのは外見の問題ではなく骨と筋肉のバランスが良い状態ということでしょうね。

この問題については実験記録ブログで研究続行中です。

先日気付いたことをこちらの別ブログにも書いてあります。


2011年07月19日

TANINO CRISCIに合う服は

靴と服のバランスの問題については別ブログで研究続行中です。
(これまでの理論は自分の体のコンディションが良くないことが反映していましたので徐々に解明していこうと思います)


靴と洋服の原産国が違うとバランスが悪くてよくないという話を聞いたので考えてみました。足が痛いのもこのせいでしょうか。TANINO CRISCIはイタリアの靴なのでイタリアの服を試すことにしました。外見的なことではなく機能性の事です。

どんなのがあるか知らないのでとりあえずデパートで目についたゼニアで行くことにしました。服自体はよいのですがバランスが合うかというと全然合いませんでした

試着した時はよくわからなかったのですがしばらく着ているうちに肩が痛くて耐えられなくなりました。同じイタリアのものでもブランドによって設計思想が違うのでしょう。

服との関係についてもいろいろ実験を行いました。まとめるのが難しくて手付かずですがわかりやすく一言で言いますとこのようなことがわかりました。

わかったこと
・日本のお店で売っているタニノクリスチーはイタリア版とは形が違う.
・日本の服のバランスに合うように作られている.
ab31903d-s
靴の形の比較はこちらでどうぞ

ところで他のブランドの商品も日本で売るものは日本用に作ってあるのでしょうか。というよりもトータルファッションで全部そろっている場合が多いですね。同じブランドで揃えれば問題なしということでしょうか。これについてはよくわかりませんので今後の課題として取り組みたいと思います。


【2014年5月追記】
よく考えたら自分に合う靴を選び自分に合う服を選べばよいだけの話でした。ある程度の人生経験の中で自然にわかってくるはずです。それがわからないのは健康状態に問題があるためでした。

2011年07月19日

タニノ・クリスチー サイズの変化?

8月21日追記
新しい靴を買いましたので経過観察中です
こちらの別ブログでどうぞ

10月31日追記
・履きならすにつれて中底が沈む現象は起きていますがサイズが変わるほどではありません。
・サイズではなく形が変化しています。
・既に違和感のない程度に足になじんでいます。
・現段階での結論としてはタニノ・クリスチーは履きならしによるサイズの変化を考慮する必要はなさそうです。
・さらに観察を続けて大きな変化があれば報告します。


本格靴は履きならすにつれて中底が沈むのでその分を計算に入れてサイズを選ぶというのが定説のようです。主にグッドイヤー製法についてでしょうか。タニノクリスチーはマッケイですがこれも結構沈みました。
P7190022
こんなカンジです。壊れた靴から取り出してみました。

グッドイヤー式のものも履いています。いずれも足の形に合わせて中底に癖がついています。しかし私の場合底が沈んでもサイズが変わったようには感じません。根気がないのがいけないのかなと思い沈ませ続けて本底に穴があくまで頑張ってコルクが削れても緩くなりません。

きつめの靴を選んでしまったけれどだんだん沈むから大丈夫という意見もあり期待したけれどきついままでした。沈んでも間に合わないぐらい小さかったのでしょうか。

サイズ換算を調べてみるとジョンロブとクロケット&ジョーンズについてはそういうことも原因のようです。適合サイズを試してみるとすごくゆるく感じた記憶があります。それで2つ下のものを選んでしまった可能性もあります。

ところでイギリスの靴のサイズ換算表とかよく見かけますがそれぞれ計算法がいろいろでよくわからないですね。それにウイズの表記がないし何を基準にしているのでしょうか。

タニノクリスチーについては適合サイズよりは一つ下を選んでいました。製法が違うので履きならしたときの変化も違うのでしょうか。

沈んだ時のことを計算に入れるってどうすればいいのでしょう

これについてはよくわからないので保留ということでお願いします

更新のご案内
こちらでどうぞ
日付を変えて投稿することがあるので更新状況をtweetしています
記事検索
月別アーカイブ
タニノ・クリスチって何?
こちらもどうぞ
わからない点を解明するため研究を継続中です

TANINO CRISCI
実験記録


livedoorプロフィ‐ル
Ameba プロフィール
更新のお知らせ
comments
  • ライブドアブログ