TANINO CRISCI(タニノ・クリスチ)研究所

イタリアの革製品のブランド タニノ・クリスチ(TANINO CRISCI)の靴の不思議な美しさについての研究です。間違いが多いので直しています。
サイトの案内はこちらです

形の特徴

2011年07月19日

小指が痛い

CANTONE-4最初に買ったのはこの靴で中心線が内側にカーブしたタイプのものです。青い線に合わせて履くのが正しいのですがそういったコツがよくわかりませんでした。赤い線のようにかかとから合わせて間違えたポジションで履いていました。

新しいうちは靴に拘束力があるので足が押し込まれています。しかし革がなじんでくると柔らかくなって足が外側を向いて小指が当たってしまうのです。

この靴は変形がひどくて説明には不向きですので別の靴で説明します。
128ebb49

ピンク色の部分が中底です。かかとが内側に振れている様子を確認してください。

このような靴に対して足が…







299342d0このような向きで収まればよいのですが かかとと靴を合わせる習慣が抜けないので下の図のようになってしまいます。

また中底のかかと部分にゆとりがある設計なので間違って小さいサイズを選んでいました。サイズが小さいのも痛みの原因になっています。





516a17de

このような状態で足が収まることとなってしまいます。

それで小指が痛くなるのです。

これは足の向きだけの問題ではなく歩くときの動作によって足の外側に体重がかかることも関係しています。そういったお話はまたあらためて…

Jael-2これはイタリアの公式サイトのカタログ画像です。

外側のアーチを活用するためにこんなふうに小指をきゅっと折りたたんで履く形になります。サイズが合っていないうえに足のポジションもずれているとかなり厳しいことになるでしょう。

こういった理屈がわからなかったので幅を拡げて何とかしようと考えました。その結果さらに足の方向が悪くなってよけいに痛くなってしまいました

指をよく見ると小指と薬指の間にマメができていました。靴が足に当たっていたのではなく足が足に当たっているのです

他の靴もサイズが合っていませんがこのようなことは起きませんでした。内側にカーブしたラインの靴は難しいみたいです。e280ee6d
この頃やっとわかってきました うまく履きこなすととてもいいカンジなんですけど

わかったこと
・靴の当たるところを出しても解決しません
・靴の設計方法を考えてみましょう
・足の裏の荷重分布も重要なポイントです

2011年07月18日

TANINO CRISCI いろいろな形

TANINO CRISCIについて検索中にこんな記事を見つけました。
64292232_v1310623518フィレンツェの商品展示会で買ってきたタニノクリスチーだそうです。いいなあ~



ところで私の研究はタニノクリスチーの靴の特徴として中心線が内側にカーブしている点を取り上げてその意味を考えることが大きなテーマになっています。しかしこのようにまっすぐな靴もあるので考え直さなければいけません

s-スキャン0018イタリア版と日本版の違いかなと思い手元のカタログを見直したところまっすぐの靴もありました。








たまたま自分の買った靴が内側にカーブしていたのでそう思い込んでしまったのだと言い訳しようと思って自分の靴をチェックしてみると
utiburi
(変形が激しくてわかりにくいので少し修正してあります)
よく見てみると真ん中の靴はけっこうまっすぐなラインでしたつま先に注目してみるとわかりやすいです。

さっそく履き比べて実験をと行きたいところですがこの靴は壊れてしまったので分解してしまいました。もう履けないのです

そういうわけで研究材料にもなっていなかったため中心線の設定のバリエーションを見逃していました カタログをよく見るとこんなのも出ていました。
tyusin
左の白い靴はわりとまっすぐですが右の方はつま先の内側にずれている度合いがもう少し大きいです。







TRACYこんな感じにぐぐっと内側にカーブしている靴はあまりほかのメーカーにはないので強く印象に残りこれがタニノクリスチーのすべてだと思い込んでしまっていたのでした。

要するにいろいろな設定のものがあるということで自分の認識に偏りがあることに気付きました。


つま先が内側に向いている問題について記事を追加しました こちらです

しかしこのカン違いでよいこともありました。足に合わない靴を選んでしまっただけの話かもしれませんがこのような内側にカーブした靴を履くにはどうすればうまく行くのかと考えた結果自分の足の問題点に気付くことができました。そして改善法も発見することができて靴の悩みの解決に結びつきましたそのことについては別ブログの実験記録で取り上げていますのでよかったら覧ください。

中心線の様子がわかるアングルのものをイタリアの公式サイトでも探してみました。このようなものが見つかりました。

Bernyこれは左足はまっすぐですが右足は内側にカーブしています。甲の立ち上がりの具合が左右で違っているのも特徴ですね。底の傾けかたも微妙な設定です。


Eagle

これはゴルフシューズのようです。かかとは外側に振れているみたいです。



Fritziosoこの靴は中心線がまっすぐです。しかもこれまで考えていたタニノクリスチーの特徴の
●指の部分が薄い
●つま先が上がっていない
についてもあてはまりません

目的や用途に応じていろいろな設定がなされているようです。それにいろいろな足の人がいるでしょうしね。これまで考えていたタニノクリスチーの形の特徴は数多いバリエーションの中でも他のメーカーにはない独特なものといった感じでしょうか。

ごく一部分だけを取り上げて一般論を語ろうとしていた姿勢は大きな間違いでした。実に多彩なタニノクリスチーのラインナップの真の目的は何なのか?作り手の意図するところというよりも受け取る側がそこに何を見出すことができるかという問題かもしれません。

研究のための材料は限られていますが考えることのメリットは大きいのでできる限り続けたいです。これからは確実にわかっていることを中心に記事を展開していくことにします。

この問題について別ブログに記事を追加しました。
こちらです

2011年03月01日

形の違い まとめ への追加

この記事については疑問が残るので再検証中です こちらへどうぞ


こちらの記事
の続きです

形の理由を考えた先日のページでは日本版のタニノクリスチーとイタリア版TANINO CRISCI との違いが重心位置の違いのためと考えました そういう見方もできるかもしれないのですが重心位置の違いが起こる原因は何?と考えると結局は説明になっていません

先ほどまで靴の作りや歩き方について見直して来ましてなんとなく気付いたのは足腰の筋肉の使い方の違いがその原因かな というカンジです
比較―7
walk-5歩行1-4
左側のイタリア版では前側の脚を踏み込んで体重移動を行うのに対して右の日本版では後ろ側の脚で押して行います その動作がしやすいように甲の部分にゆとりがあり靴底はつま先が上がっています 日本人の体の動きに合わせてラインを変えてあるわけです

他にもいろいろな部分にさまざまな違いがあって 細かい配慮が数多く盛り込まれているでしょうがよくわからないことも多いですしわかっていてもうまく説明するのは難しいです

これはいちばん代表的な例です いろいろ形があるのですべてに当てはまるということではないです 履きやすさを追求して常に改良し年ごとに形が変わるということもあります ですからこのような一般論みたいなものを考えるのはあまり意味がないでしょうか

ところでTANINO CRISCI は本当は「タニノ・クリシ」と読むそうです でも日本のお店で売っているのはイタリアのとはちょっと違っているから「タニノクリスチー」ということでいかがでしょうか?

外国で売っているものと履き比べてみたいですがそういった余裕はないですし 別にどうでもいいかな 人生の目標みたいのは性格的にちょっとあれですけどそういう人生の方が楽しいでしょうね

2011年02月25日

TANINO CRISCIを一般的な靴と比較4 左右の違い

一般的な靴は同じようにできていますがタニノクリスチーは右足と左足とで作りが違っています どのように違っているかといいますと
NORVENA
1.ストラップ=かかとの角度 左の方が前傾が強い
2.アーチのカーブ 右の方が丸みが強い
3.矢印の部分 右の方がせり上がりが大きい⇒外側への傾きが強い

DEIANORA-2上から見ると底面の形やつま先の向きが違っています

同じ靴の上から見たところもあったらよかったのですが 材料不足ですいません

細かいことはさておきいろいろと違っているということです


2011年02月25日

TANINO CRISCIを一般的な靴と比較3 外傾

平らにできている靴が多いですがタニノクリスチーは靴が外側に傾いています
NORVENA
矢印の部分に影ができているのは内側がせりあがっているためです
Elsiaこれの方がわかりやすいですが厳密に言いますと実はこれはイタリア版なので日本版タニノクリスチーの作りとは少し違います 日本版の写真に見やすいものがなかったので取り上げました


私の場合 この傾いた作りがなんだかやな感じでどうにかして平らにできないかと色々改造してみました しかしよけいに履きにくくなってしまいました

Frea自分の靴の調整を行いバランスを取り直してわかったのですが傾いているというよりは小指の方が低くなっているのでした

なんだかわかりにくい説明ですいませ~ん

2011年02月25日

TANINO CRISCIを一般的な靴と比較2 かかと

中底の幅が広いことを確認します まずはかかとが大きい点です 手持ちのいろいろな靴の寸法を測って分類するとタニノ・クリスチーだけ違います

スキャン0005スキャン0015-2左はタニノクリスチーの中敷を写し取ったものです

右は一般的な形を代表してジョンロブです 他の靴の修理に使ったのでつま先を詰めて短くなっています

内側の土踏まずのラインや幅の一番広いところを目安に重ねて比べてみます
スキャン0005-2
下の赤い部分がタニノクリスチーです かかとの幅がかなり広いのがわかります 形の違いもあるので幅だけの差ではありません 基準になるポイントが違うようです


ちょっと見方を変えてみます


比較2-2左はタニノクリスチーで 下はジョンロブです



名称未設定 1 (3)
かかとの丸め方も違っています 下の方にゆとりを作るためでしょう 

かかとだけでなく前の方も幅が広いです
Poppia
これはTANINO CRISCIの公式サイトからお借りした画像です 足の周りを縁取るようにゆとりがありますね



200541502020-2日本の靴はこんな作りのものが一般的ですね
足の幅が広いわけでもないのに靴からはみ出ています


なんか肌色が変だなあ まあいいか
200541502020


2011年02月25日

TANINO CRISCIを一般的な靴と比較1 横から

以前の観察ではわかりにくい点が多いので簡潔にまとめます まずは横から見た形です

比較―6

タニノクリスチーの方が
1.後ろに傾いている
2.つま先=指の部分が薄い
3.つま先の上がり具合が少ない
4.アーチのラインの丸みが強い
といった傾向があります

上から見たつま先の様子は元の記事でいいと思います こちらで確認してください

と思いましたが不十分なので再検証を行っています こちらもあわせてどうぞ

2011年02月22日

形の違い まとめ

タニノクリスチーの形の違いについて年代ごとに日本向けの商品とイタリアのものとを並べてみました 気付いた点をまとめてみますと
1.日本向けの方がつま先が薄い
2.日本向けの方がつま先が上がっている
3.同じ靴でもヒールの高さが違う
4.ストラップの角度が違う
5.年を追うごとに差が少なくなっている
6.でも実際にはそれぞれいろいろな形なので一般的な傾向を言い表すのは難しい
どうしてこうなのでしょう?なんだかよくわかりません
ccところでこれはイタリアのサイトのトップ画像の一つです 考えていてもよくわからないので この立ち方を真似してみました しかし私の靴は変形してしまっていてこの姿勢を保つことができません そこで靴底を削ってバランスを取り直すことにしました

名称未設定 のコピー
このポーズはアーチのラインが右足と左足とで違っているのと関係ありそうなのでそのことを意識して加工する必要がありそうです

さて どうなるでしょうか

別ブログで研究続行中です

2011年7月5日 もう少しわかりやすい画像もありましたので追加しておきます
2002のコピー
2002年春夏コレクション

 
2011年02月22日

形の違い 2010

こちらでは主に 日本のホームページからお借りしました しかしサムネイル画像のみで小さいためわかりにくいです 次の頁の方がわかりやすいです

比較―3


一番下のサンダルは 同じものの復刻版で2003年と2010年とで形が変わっています 日本向けに形を変えるだけではなく時代に合わせた形に作られていることがわかります

2011年02月22日

形の違い 2006~09

画像をクリックして拡大するとわかりやすいです
比較―2

2006年からは顧客リストから外れたのでカタログはありません イタリヤーノのサイトの画像をお借りしました 同じ靴がなかなか見つからないので似た感じのものも採用しました 銀座店の靴とは少し形が違うような…

更新のご案内
こちらでどうぞ
日付を変えて投稿することがあるので更新状況をtweetしています
記事検索
月別アーカイブ
タニノ・クリスチって何?
こちらもどうぞ
わからない点を解明するため研究を継続中です

TANINO CRISCI
実験記録


livedoorプロフィ‐ル
Ameba プロフィール
更新のお知らせ
comments
  • ライブドアブログ