イタリヤーノの店長さんはTANINO CRISCIについていろいろ教えてくれました。以前底の張り替えについての記事を書いたことがありましたがちょっと違っていたので訂正します。

以前は修理の時に元の形を無視して形を勝手に変えてしまうので履きにくくなると感じていました。しかしよく考えるとソールを張り替えるまで履きこむと形がかなり変わってきます。必然的に履き癖に合わせた処置をすることになるでしょう。

ソール交換で履きにくくなってしまうのは中底の元の縫い目に同じように縫い付けることができないためだそうです。イタリヤーノで頼んでいる修理屋さんは大変な名人で実に見事に仕上がるそうです。TANINO CRISCIは修理を重ねながら長く履いてこそ良さがわかる靴ですので腕のいい職人さんを探したそうです。靴を買った人へのサービスの意味もあるので修理については儲けなしでやっているそうです。

そういう方針ですのでよそで買ったものについては頼めないでしょうねたぶん…大阪の職人さんでどこかのデパートでも受け付けていると聞いたような違っていたような。よく覚えていないので今度確認したいと思います。料金は2万円以上でした。

マッケイ製法は構造的に底を張り替えるようにはできていないのでは?とも思っていましたが技術があれば問題なく仕上がるそうです。