TANINO CRISCIの靴の形については別ブログの「TANINO CRISCI実験記録」で研究を続行中です。


gaikeiこのことは以前からよく取り上げていますが今回はもう少し詳しく調べてみました。

中底が外側に傾いていて左足の方が角度が強いです。この設定に対応して甲革や本底の形も左右で微妙に違っているようです。



また下の写真のように場所によって傾きが変化して行きます。
sgaikei
左足は全体的に同じような傾きですが右足の方は前に行くにつれて外傾が少なくなります。逆さになるとわかりにくいですね。内側の親指側はせりあがっていて小指側が接地しているということです。

gaikeifこういったことに対応して甲革の形も左右で違っています。

柔らかい履き心地を重視して革を釣り込むときに引っ張りすぎないようにしているのでしょう。甲の立ち上がり部分に微妙なしわが出て左右の木型の違いが表れています。

他にもいろいろな部分に前後左右の角度の違いが表れていると思います。こういったラインに慣れていないと違和感や痛みを感じます。

これは甲革と足の関係というよりは底面と足の関係の問題です。ですから靴の中で足を左右に揺らすというか転がすというかそんな感じで横方向に動かすと足の裏と中底の起伏がなじんでうまく足が落ち着く場所が見つかります。

この時にかかと幅のゆとりが必要になるのです。日本的なかかとをぴったり合わせるという感覚とは違いますので気を付けてください。

タニノ・クリスチーのアーチの設定は人体の構造に即した合理的な形です。足のアーチの構造を知ることによって靴に対する違和感もなくなると思います。この点については別ブログで研究中です。