los【訂正】
●以前の観察では指の部分が薄いと思いましたがこのようにそうではない靴もありました。靴の用途に応じて決められるようです。
【特徴】
1.つま先の上がり具合が少ない
2.アーチのラインが滑らか
3.かかとの丸め方
4.右足と左足の前傾角

1.について
タニノ・クリスチーは甲が低いように感じる場合もあるようです。それはつま先が上がっていないためではないでしょうか。私は甲高の方ですが特にきつくは感じません。足の動きと靴の形の問題だと思います。

2.について
アーチのラインが滑らかです。ヒールの部分にも微妙な曲線が。lr
その上さらに右足と左足とでラインが違っています。写真ではわかりにくいですが…
ヒールを作るのに手間がかかると思います。

外側と内側とでもラインが違います。横方向のアーチの事も考えてあるみたいです。足のアーチの構造に即した絶妙な設計です。

左右の違いは外側への傾きの設定の違いのためだと思います。これについては別のページで観察します。

3.について
かかとの下の方がふくらんでいます。
b中底のかかと幅が広めなのでそれに合わせてあるためでしょう。横方向のふくらんだ面のつながりで後ろにもふくらみます。

歩く時などの足の動きのためのゆとりを持たせてあると考えられます。

4.について
zenkeiこのように右足と左足とで前傾の強さが違います。ヒールの高さは同じなので中底のセッティングの違いです。

単純な角度の違いではなく先ほど確認したアーチのラインの違いの結果として前傾の強さも違っているようです。