P72500567月29日の記事で失敗だったABCマート靴の調整をやり直し一応バランスはよくなりました。中敷きの調整パッチがこのように大雑把だったのをもっと細かく積み上げ微妙な修正を行いました。TANINO CRISCIを買いに行くにあたってこの靴のテストもしてみようと考えました。

フォーマル用を探すので薄い絹の靴下を履きました。すると左のくるぶしが出っ張っている私なので当たってきました。これは誤算でした。左右の角度や高さもよくないみたいで不自然な回転が起こっているのも原因のようです。土砂降りで靴下が湿ってきているのでよけいに厳しいです。

駅のホームのベンチで中敷きを外して調整用のパーツを入れ替えて修正しました。出先なので新たに作成することはできません。ところが右足から取り除いたものを左足に追加することによって非常にうまくバランスが取れました。足の皮がむけるのは避けられそうです。

やはり足というのは左右が連動しながらバランスするのですね。足も手と同じで右と左は性質が違います。したがって右と左で形を変えないとうまく連携が取れないわけです。
P8220009P8220008





左の中底をだいぶ高くしました。こうすると具合がよいです。くるぶし対策だけでなく脚部全体の動きが滑らかになります。ヒールの調整がくるっているのでそれもカバーできたみたいです(追記:その後再調整しました 左が少し低くなりました)

P8210007今回買ったタニノ・クリスチーはこんな後姿です。やはり左の方が高くなっているのですね。何とも意味ありげで微妙なラインが魅力的です


購入に当たり試着したとたんに滞っていた血液が流れだすのを感じました。新品でもすごく柔らかいので少し傷ついているくるぶしでも痛くありません。履きならすとふわふわになります
gaikei
新しい靴をよく観察してみますとこのように左足の方が外傾角が強いです。




zenkeiまた前傾も左が強いです。

靴の改造の時に横方向の角度の事は考えていたけれどこのことは意識していませんでした。

これも失敗の原因でしょう。ただわかっていたとしても細工は難しいです。試行錯誤になるのは同じだったでしょう。

原形を保っている今のうちに全方位について詳しく観察しておこうと考えています。でもなかなか難しくて… 早く履きたーい