【追記】姿勢についていろいろと実験をしていますが簡単には解決しそうもありません。経過については「~実験記録」【姿勢カテゴリー】に記録しています。



大腰筋 1前の記事でお話ししたようにTANINO CRISCIの靴には基本的に大腰筋を左右バランスよく働かせる機能があるのですが履く人間の方が偏ったバランスですと靴もだんだんと崩れてしまいます。そこで筋肉について意識する必要があります。しかし深層部にあるのでちょっと難しいです。

実は私は下記の新聞記事を見て今までのミスに気づきました。マラソン入門の記事ですがこの方法でタニノクリスチーを履くための姿勢を整えることができると思います。

洋服選びがうまく行かなかった問題も解決しました。日本版のタニノクリスチーは日本人の体のバランスに合わせて作られていますので体勢を整えれば日本の服で問題ないわけです。服の問題ではなく着方の問題でした。

スキャン1
赤い四角で囲った部分です。クリックして拡大してご覧になってもよいと思いますがこの部分だけ書き写しておきます。
『まず両腕を上げて伸びをし、片足を一歩前に出す。おへそを意識しながら左右に腕を下し、手のひらを上に向けて「パッ」と少し勢いよく言う。すると、「重心がおへそに落ちた、と感じます」。』

体幹を意識するということが大切です。靴の事なので足ばかり考えていましたがまちがいでした。

実は大腰筋なのかは正確にはわかりません。でもこの方法で腰の骨がいいカンジに伸びていろいろと問題が解決したのでたぶんそうだと思います。

この記事はランニングのフォームですので『かかとから入り拇指球で着地』とありますがその辺が少し違っている点もあります。まずは早急に一通り訂正をしたいので詳しくはまたいずれご説明したいと思います

7月7日 こちらの別ブログで再検証中です。

2011年11月2日追記
姿勢を保つのに重要なのは大殿筋などです。この記事では大腰筋の機能と考えていますが間違いでした。
『腰痛・膝痛・肩痛の真実』のブログを参考に再検証中です。
こちらです