この記事は疑問が残りますのでTANINO CRISCIの靴の形について別ブログの「TANINO CRISCI実験記録」で研究を続行中です。

cc
このポーズを参考にして変形した靴のバランスを取り直したわけですがその結果新しい発見がありました そのことについて詳しく説明すると楽しいとは思います しかし過去記事の間違いの部分が気になりますのでとりあえず新発見については簡単に済ませて訂正をまず行うことにします

大腰筋 1タニノクリスチーの靴の形の効果は 大腰筋が左右バランスよく働くことです (大腰筋について詳しくはこちらへ

その結果として腰の骨や骨盤の角度がいいカンジに決まるので何かといいことが多いというわけです

生理的湾曲-2この図の腰椎前湾のカーブがきれいに整う感覚があります

以前は歩き方に合わせて作られていると考えていましたので問題が起きたのでした でも結果的に歩き方にも関係してきますが…しかしそれだけではなくまず根本的な体のバランスを整える機能を備えた靴でした

この間違いのためもう一つの大きな間違いにつながってしまいました うまく履きこなせない原因をイタリアの靴なのでイタリアの服の方が合うのでは?と考えていたことです

しかし日本で売っているタニノクリスチーは日本向けに作られていて日本人が日本の服を着た状態に合うように設計されています これがなかなかすごいのですが詳しいことはまた今度です

まずは今までの記事を見直して訂正して行くことにします

この問題については別ブログで研究続行中です