2011年2月25日 追記
Jael-2足の小指が痛いのはサイズが合っていないためでした。あとこの写真のように指をうまく収めることができないのも原因ですね。この形に足の指を揃えるには足の裏の筋肉をうまく働かせる必要があると思います。

底側骨格筋の働きのようです。この筋肉は冷え性解消の効果があるとのこと。無意味にきついわけではないんですね。

当たる部分の幅を出しても指の動きに対処できるほど広がりません。無駄な動きが増えてよけいに痛くなり逆効果です。


下の記事は間違いなので無視してください

慎重に選んだはずがきつくて痛いのは悲しかったです。しかし値段を考えるとあきらめるわけにはいきません。

シューキーパーを利用して当たって痛いところを伸ばしてみることにしました しかしその結果さらに痛みが強くなってしまいました。

なぜそうなってしまったのかは2番でお話ししたきつくなった理由を考えると納得できます。

ならしこれは靴を前から見て輪切りにしたところです
ちょっと極端な描き方ですがきつくなった主な原因はこのように中底が丸くせりあがってその分幅が狭くなったためです。
 
何らかの器具を用いて中から押し広げてものびるのは主に甲革の部分で中底はそのままです。
ならし-3
こんな感じにのびたのは紫色の部分で幅はあまり変わっていません。

履きならすにつれて中底が丸くせりあがってきますのできついのは中底と甲革の連結部分です。この部分は構造的に伸縮性はないので伸ばそうとしても無理です。

何の効果もないのならまだしもなぜ余計に痛くなってしまったのでしょう。

これはおそらくのばした部分の靴の高さが変わったための悪影響と考えられます。靴を薄く作ってあるのは足に不必要な動きを起こさせないためのようです。

幅を広げようとしたもののうまく行かず上に広がる形になってしまいました。そのため足に対する規制がなくなって悪い動作が起こり痛みの原因となったようです。伸ばした部分に修正用のパッチを貼り付けることによって改善しました。

有効な場合もあるでしょうが痛みの原因によっては幅を出しても緩和にならないので注意が必要です。