この記事は間違いなのでこちらの訂正記事をご覧ください。すいませんでした

天彩音 のんさんの足です。タニノクリスチー的歩き方の人です。
noriko-3
運動の質に合わせて足は非対称でありそれに対応する親切設計かもしれませんとなんとなく思いました。

歩行法の新発見によりこの記事は全面的に改定が必要ですがまだ調査中です


靴の外側への傾きとつま先のずれ具合に何か関係がありそうです。この問題については左脚だけですが現物があるので履き比べて考えてみました。

CANTONE-2この靴の場合は左右方向にはだいたい水平に接地しているような感触があります。やや前傾します。

下の靴と比べてつま先の幅が広そうに見えますがこちらの方がきついです。履き心地は全体のラインの問題のようです。



MANOLO-2この靴の場合は上のよりも前傾が強い感じです。左脚が外側に傾きますが足の裏が乗っている中底の傾斜のせいではなく足の親指が地面から離れるのでバランスを取るために傾く感じです。





土踏まずからつま先にかけての紫色の線を引いた部分の曲がり具合に差があります。それでつま先の先端の位置に違いが出ているようです。

以前の記事で上から見た形の理由をお話ししました足の裏の起伏が上から見た靴の靴の形に表れて来るのですがこれら2つの靴の違いも同じ理由で理解することができそうです。履いた時の感じとも一致します。

これら2つの靴の形の違いは足の指の上がり具合や土踏まずのアーチの角度の差によってもたらされています。上記2点のうち下側の画像の靴については破損のため右足の方は履けません。厳密には推測の域を出ませんがこの角度によって体重移動の動作を起こすきっかけを作っているような履き具合が確認できました。

こちらの別ブログで歩き方をご説明しています。ポイントとして左右の脚への体重移動の方法を取り上げています。これらの靴の違いはその2番目の「旋回動作は右足で行う」に関する問題です

条件によっては左脚に右脚で起こした旋回運動が伝わらないこともあるでしょう。その場合は左脚の外傾による体の旋回を起こして右脚からの運動を受け入れる準備を整えます。

カタログをよく見てみると横から見たときのアーチのラインはいろいろな設定がありこの動作と関係がありそうです。
SELOTTA-2  MASUMETTA-2
微妙な違いなので画像をクリックして大きなサイズで見ていただくとわかりやすいと思います。

また Part 2 のこちらの記事でお話ししたアーチのラインの設定についての記事で気付いたのですが右足と左足のカーブの違いが大きいのと小さいのとがありました。その理由はこの機能に関係しているようです。

このラインの違いが履いた時に感じられる前傾と外傾の感触の違いの原因かもしれません。これも多分先ほどからお話ししている体重移動の方法の違いに対応した形の違いだと思います。

こういったことも考えて選ぶとより正確なフィッテイングが可能になるでしょう。